入居申し込みをキャンセルしたときの費用は?

入居申込書を出した後、審査が通り、前家賃や敷金、礼金などの請求書や契約書が揃い始めます。

しかし、何かの事情が発生し「キャンセルしなくては…」となったときに、どういった費用がかかる可能性があるかを考えてみましょう。

キャンセル費用はかかるの?

入居申込書を提出した方からすれば、まだ住んでいないし契約も締結していないからこのまま何事も無くキャンセルしたいと思いますよね。

実際の実務でもそのように「今回は縁がなかったということで…」と特段の費用も無くキャンセルになることはあります。
申込のときにお互いがどんな約束を交わしたかポイントになってきます。

こういったケースがあります。

入居前には鍵の交換が行われます。入居前の鍵は不動産業者や以前の入居者が同じ鍵を持っているので新品の鍵に交換することは防犯上とても大切なことです。
ですので、新しい入居者さんが入られる前に賃貸マンションでは鍵の交換を行います。

もしこの鍵交換がキャンセルの前に行われていたらどうでしょうか。
大家さんの目線では、申込をいただき、審査も終えて、契約書もこさえ、鍵屋さんに鍵の交換の手配をし、鍵交換が終わってからキャンセルの申出を受けた…。

あくまで大家さんの気持ちになるとちょっと辛いところがあります。
ですので、「鍵交換代だけでもお支払い願えませんか?」ということがあります。

キャンセル料を支払う義務はない

結論から申し上げれば、契約の締結前ですので入居者に支払う義務はありません。
つまり払わなくても良いという判断になります。

ポイントになるのは、やはり契約書の署名捺印が済んでいるか否かです。
済んでいない場合は借主の負担義務は追及することは難しいのです。

しかし、借主が自ら鍵交換を希望・依頼した場合は、依頼を受けた者がその仕事を完了させて対価を請求するのは妥当と言われています。

例えば賃貸物件の申込時に書面で承諾書のようなものに署名捺印をした場合はキャンセル時に、鍵交換代の支払い請求を受ける可能性があります。

「新品なのだから次の入居者さんから貰えば」と思うかもしれませんが、新品の鍵でも再募集の際に仲介会社さん等に預ける事を考えると「再度交換しなくていい」とするのはリスクが残ります。

まとめ

いずれも契約書への記載そして署名押印で対応がわかれています。

ですので、お申込をされる際はきちんと不動産屋さん、ないし大家さんから提示された書類に必ず目を通し、理解、納得してサインされてくださいね。
少し不安が残る際は家に帰って読み考えることも大切です。

おすすめの記事