賃貸物件の敷金・礼金について

こんにちは。
プレイングハウジングの新島です。

不動産会社のコラムの中で、間違った情報が挙げられていることも多いため、今回は「敷金と礼金がゼロの物件」について、真実を書いていきたいと思います。

敷金と礼金については、お金の意味を考えれば、最近のコラムにおいておかしなことを言っていると気がつくことが多いです。

敷金と礼金がない物件も増えてきましたので、初期費用が安い物件を安全に探すために是非こちらのコラムを参考にしてくださいね!

初期費用が安い、初期費用5万円以下の物件や初期費用10万円以下の物件を探す際には、敷金と礼金はゼロでなくてはなりませんよ♪

敷金はゼロで当たりまえ?

まずは、敷金がなんのために必要となっているのかを考えてみましょう。

それは、お部屋を借りた人の担保としてお金を預かっているわけです。

例えば、家賃を滞納した際には、敷金から充当されますね。

その他にも、退去時にかかる原状回復費用、クリーニング代などが必要である場合には、敷金から充当されます。

この様に敷金は、担保としてお金を預けているということですね。

 大家さんや管理会社からすれば、家賃の滞納や退去費用の不払いが起こった時の措置として敷金をもらっているわけです。

しかしながら、福岡市や北九州市でみれば、保証会社を使用することが当たり前になっているのは、みなさんご存知だと思います。

保証会社の保証料は、借主が負担するものです。

保証会社とは

ここで保証会社とは、なんのために使用するものなのでしょうか?

それは、家賃の滞納や退去費用の不払いが起こった時の措置として、保証会社を使っているわけです。
家賃の滞納や退去費用の不払いは、保証会社が肩代わりしてくれますから、大家さんも管理会社も安心なわけです。

ここでおかしいことに気が付きます。
保証料を払って、敷金も払っているというのは、借主の負担が、大きくなっているのです。もちろん保証料は返還されません。

基本的なお金の意味を考えると

  • 「保証会社を使う」
  • 「敷金も取る」

というのは、二重にお金を払っていることになるのです!

もちろん、ファミリータイプのお部屋で設備がすごく整っている場合には、保証会社の保証を超える滞納金や退去費用がかかることもありますので、少しだけ敷金を取る意味もあります。

ポイントのまとめ

  • 保証会社を使用すれば、通常、敷金を取る必要はなくなる。
  • 保証料を払うのは、入居者で、無駄な出費が多くなる。

つまり、福岡市や北九州市では、敷金ゼロになるべきである!

敷金礼金ゼロだと退去費用が高くなる?

他のコラムでよく見ることですが、敷金を払っていないと退去時に高額な請求をされることがあるとありました。

では、本当に敷金を払っていないがために退去時の費用が莫大になってしまうのでしょうか?

こちらも敷金の意味について、しっかりと考えながら、内容をお伝えしていきたいと思います。

違いはお金を払うタイミング

結論から言いますと、「敷金を払っているかどうか」と、「退去時の請求金額が高くなること」は、実質的には無関係です。

入居者さんがお金を払っているタイミングが違うだけで、結局、敷金を払おうが払うまいが、払うお金の額は同じです。

「退去にかかる費用」 ー 「敷金」 = 「請求費用」

「敷金がないと請求費用が大きくなる」と説明する人もいますが、敷金は、入居者さんが払ったお金で、退去にかかる費用がなければ、返金されるものです。

方程式をみると、お分かりになると思いますが、敷金を払っていてもいなくても、実質的に自分が払うお金の量は変わらないのです。

退去の費用が高いのは、敷金の有無よりも、そもそもの退去にかかる現状回復費用を、高額に請求されていることにあるのです!

退去の立ち合いの際には、「どこまでが経年劣化」で、「どこまでが故意過失」に当たるのかを明確に説明してもらうようにしましょう。

立ち合いに来た業者が「敷金を払っていないから高くなりますね」と言うようであれば、「工事費用と敷金の有無は無関係である」と伝えましょう!

ポイントのまとめ

  • 退去の際、実質的に払ったお金は、敷金の有無で変動するものではない。
  • 高額請求の際は、そもそも、工事費を高く見積もられている可能性を疑う。

まとめ

いかがでしたか?今回は、敷金を取る意味を考えるコラムでした。

お金の意味を考えると不動産コラムの中でも間違った意見が蔓延していることがわかります。

敷金礼金ゼロの物件も増えてきましたが、敷金や礼金の意味を知りながら、じっくりとお部屋を選んでいきたいですね。

今後も、不動産業界にある知られていない真実を本音で語っていきますので、他の記事もぜひ参考にしてみてくださいね♪

おすすめの記事