「ハウスクリーニング代」は絶対に必要なの?!

賃貸は借りるときに解約する際の金額等をしっかりと確認しておく必要があります。

ハウスクリーニングとは賃貸物件をクリーニングするために業者が行う掃除のことです。
綺麗にお部屋を使って退去の際に隅々まで掃除をしたのにハウスクリーニング代は払わなくてはいけないのでしょうか?!

退去の際にハウスクリーニング代を急に請求されるということは、まずありません。

賃貸契約書の中に「退去時に借主はハウスクリーニング代を支払うこと」というように予め書かれている場合が、ほとんどです。
退去の際に預けた敷金からハウスクリーニング代が差し引かれて返還されます。

福岡市、北九州市では、目安としては2万円から5万円ほど請求されるケースが多いようです。(お部屋が広くなるほど、多く請求されますね。)

これから賃貸契約をされる方は、賃貸契約書の特約事項を見てみましょう。
その中にハウスクリーニング代が記載されているか確認してみましょう!

ハウスクリーニングは、何のためにするものなの?

退去時にハウスクリーニングが入ることになっている場合には、専門の掃除業者がお部屋をピカピカに掃除してくれます。
専門の業者さんなので普通の人は持っていないような掃除道具を使うので驚くほど綺麗なお部屋になります。

最低限のお掃除はしよう

ハウスクリーニングが入るからといって退去時にまったく掃除をせずにそのまま管理会社の人を呼んで、立ち合いをしてもらう方が稀にいらっしゃいます。
汚れが酷い部屋で退去の立ち合いをしてしまうと、ハウスクリーニング以外の費用を請求されてしまう可能性もあり得ます。

例えば、原状回復費用や修繕費用など名目は様々です。

お部屋を借りた後は、退去時に自分でできるだけ掃除をして返すように心がけましょう。立つ鳥跡を濁さずですね♪

退去前の掃除のポイント

それでは、どこをどれくらい掃除すれば、原状回復費用や修繕費用を取られずに退去ができるか目安を紹介したいと思います。

退去するときはしっかりと綺麗に掃除して、不動産会社さんから敷金を全額返してもらえるよう頑張りましょう!

床と畳

まずは、簡単に掃除機をかける。または、クイックルワイパーなどで大きなゴミを取っていきます。
床や畳の隅にたまったホコリなど、掃除機などではとりにくい汚れが気になるときは、かたく絞った雑巾で畳の目に沿うように水拭きしましょう。

仕上げに乾拭きをして乾燥させたら完了。
畳は水に弱いので、しっかりと水気をとることが大切です。天気の良い日は窓などをあけて、風通しを良くしておくと安心。

窓ガラス

掃除の手順は、

  1. 洗い=洗剤拭き
  2. すすぎ=水拭き
  3. 脱水=から拭き

が基本のようですね。
新聞紙で簡単に窓を拭きとって、その後に水拭き、さらにから拭きが一番きれいになります。

窓ガラスは形状によっては、強い力で拭くと傷が入ってしまうこともあるようですので注意が必要ですね。

退去の際に窓ガラスの交換費用を請求されることは、少ないです。
もし退去の際に請求される場合には、請求理由をちゃんと聞くようにしましょう。

風呂場

水回りが汚れている場合には、現状回復費用を請求されることが、多々ありますので念入りに掃除をしましょう。
水垢を落とすには、クエン酸を使いましょう。ドラックストアで販売しているもので問題ありません。鏡や蛇口などは、クエン酸でピカピカになります。その他にも重曹を使えば、排水溝の汚れもツルッと取れていきます。

トイレ

ウォシュレットがあまりに汚いと交換費用を請求される例があるようです。

トイレは、市販されているトイレシートや掃除道具でピカピカに綺麗になります。特に難しい作業は不要です。

飛び散った尿や、痕が固まってしまってる場合でも、市販洗剤で綺麗に取り除くことが出来ます。

おすすめの記事