引越しは、転勤族の方以外それほど多く体験することはありません。
数少ない引越しで絶対に失敗したくない!きっちりとした引越し業者にお願いしたいと考えるのは当然のことです。

今回は、そんな引越し業者をどのようにして選べばよいかを解説していきたいと思います。

引越し業者を呼ぶ前にすべきこと

お引越し代金の相場をご存知の方はなかなか少ないかと思います。
まずは、実際に引越しの料金、相場を知る所から始めましょう。事前知識をしっかりとつけておくことが大事ですね。

友人や知人に聞いてみる

身近に引越しをしたことがある人がいれば、どの程度の料金がかかったかを聞いてみるのがいいでしょう。
そして、トラブルがあったか。その反対に良いサービスはあったか。などを聞いておくとより良いでしょう。

ネットを利用する

ネットで正確な料金を調べるのは難しいですが、大まかな情報を得るには十分です。
おすすめは、引越し価格ガイドです。

この他にも調べられるサイトはたくさんありますので、ちょっと覗いてみるのもいいかもしれません。

業者の種類

業者の種類とは、言ってもそれほど多く分類があるわけではありません。
引越し業者を三つに分類して良いところと悪いところを見ていきましょう。

全国展開の大手業者
  • 良い点:大手だけあって保証内容などが充実している。トラブルも少なく安心して任せることができる。日程の融通が利く。
  • 悪い点:値段の交渉がしにくい。営業の人がやり手で押し切られる。
中小規模の業者
  • 良い点:大手業者よりも値段交渉が簡単にできる。また大手業者よりも価格が低いことが多い。
  • 悪い点:保証が大手業者よりも劣る。安心感が低い。日程の融通が利きにくい。
地域密着の小規模業者
  • 良い点:とにかく価格が安い。値段の交渉や細かい相談まできっちりとできることが多い。
  • 悪い点:地元密着なので遠方の引越しに対応していない。保証が大手や中小よりも劣る。

引越し業者に見積もりを取りに来てもらおう

最後に、引越し業者に電話をして見積もりを取りに来てもらう際の注意点をご紹介します。

業者は複数社に電話して、複数の見積もりを取ろう

初めに来た業者、営業マンが「今決めてくれたら、ここまで値引きできます!」などなど、セールストークを展開してくるとは思いますが、いったん見積書をもらって後日決めると伝えましょう。
そして次に来る引越し業者の営業マンにその見積書を見せて相談してください。
価格の基準がある分、比較がしやすくなると思います。

業者の対応の良し悪しをチェックしよう

引越し業者のサービス内容をきっちりと比較しましょう。

例えば、家具や家電の破損などがあった場合には、どういった措置を取ってくれるのかなど。価格が違えば、サービスの内容も違ってきます。
自分の家具の量を考えて、必要最低限だけ引越し業者にお願いして、その他は郵送や自分で運ぶ等の方法もあります。サービス内容が業者ごとにどのように違うかをしっかりと把握しましょう。

担当者の対応を見よう。

良い営業マンかどうかを見るためには、見積もりを取りにきてくれた営業マンに聞きにくいこと、営業マンが答えにくいことをズバッと聞いてみるのが良いでしょう。

例えば、

  • 「荷物が少しでも壊れたりしたら、どうなるんですか?」
  • 「荷物が遅れたりした場合には、返金や弁済はあるんですか?」
  • 「追加料金を請求されることって絶対にないの?」

などの質問をしてみると良いでしょう。
営業マンは、返金や弁償、追加料金といった点には答えにくいものです。客さんの手前、正直に言うと仕事が取れないかもしれない、という質問です。

これに対し、

  • 「壊れた荷物と状況によっては補償できかねます。たとえばこのお家なら・・・」
  • 「追加料金が発生することもあります。それは・・・」

など、しっかりと具体的にはっきり答える引越し業者の営業マンは信頼できます。
できるだけ信頼できる人に引越しなどは任せたいですね。

おすすめの記事