こんにちは! プレイングハウジングの蓮中です。

賃貸に住まわれる高齢者の方が、最近多くなっているようです。

持ち家も広すぎて掃除が面倒だったり、持て余してしまうケースがあります。
持ち家を売却して、ちょうどいい広さの賃貸物件に引越して住まわれるのが快適なのかもしれません。

しかしながら、高齢者が賃貸物件に住み続けるというのは、ある程度のリスクが付きまとうと言われています。

そこで今回は、高齢者が賃貸を借りる際の注意点などを紹介していきたいと思います。

65歳を過ぎると賃貸物件が借りにくい?

ご高齢者で賃貸物件を借りる際に注意していただきたいのは、住み替える際に住みたい部屋を借りられないケースです。

賃貸を借りる際には、必ずといっていいほど家賃保証会社を使用します。
その家賃保証会社の審査が高齢になると通らない可能性が出てきます。

大家さんの審査もあり、高齢者だと大家さんがNGを出す場合もあります。高齢者の方が、自分の所有するお部屋で亡くなる可能性もあり、一度亡くなられると事故物件として扱われるため、大家さんも慎重になります。

その他にも夫婦二人で住むために2LDKを借りたくても家賃が高くて、年金の収入だけでは審査が通らないといったこともあります。

ネガティブな話ですが、実際に不動産業界では多々ある問題です。真剣に考える必要があるでしょう。

賃貸物件はずっと住むつもりでも、例えば、

  • 家族の問題で引っ越さなくてはいけない
  • 賃貸物件が売却されて取り壊しになるから退去しなくてはならない

など。賃貸の部屋を出なくてはならない状況はたくさんあります。
その際に次のお部屋が借りられなくてはとても困ってしまいます。

高齢者は賃貸に住まない方がいいのか?

上記でネガティブな話をしましたが、高齢者が賃貸物件に住むメリットもあります。

例えば、最近では高齢者専用の賃貸住宅も増えています。
介護サービス付き高齢者住宅などは、費用は高いですが、高齢者が住むには、充実のサービスが整っています。

また、持ち家を売却すれば、まとまった資金が入り自由なお金が増えます。
老後もゆっくりと旅行をしたり、自由な時間を楽しむことができれば生活にハリが出ますね。

生活を楽しむことが一番で高齢者専用住宅では、高齢者であることから入居を拒まれることはないでしょう。ただし、入居の際には、まとまった費用が必要になることは覚悟しておかなくてはなりませんね。

年金で生活できるの!?

老後の生活において収入の基盤になるのが年金です。

年金は昨今、受給年齢が上がっていく等の問題がありますが、それでも老後に定期収入があるのは、助かります。年金も厚生年金と国民年金を合わせれば、まとまった収入になり、夫婦二人でも十分生活できる金額が入ります。

しかし、自営業の方などは国民年金のみとなり、受給額はガクッと減っていきます。年金がいくらくらいもらえるのか、そしていつから受給できるのかなどは、いまの働く世代は、しっかりと知っておく必要がありますね。

高齢者でも住みたい家に住む!

高齢者も最近は見た目も若く、活動的で年齢を感じさせない方もたくさんいらっしゃいます。

書類の審査だけで入居を拒否されるのは、心苦しいですよね。
高齢者の方でも、しっかりしていて年齢を感じさせない若さを持っている人が、大家さんに交渉をしてお話をすれば、「入居してほしい」と言ってもらえることもあります。

親身になって相談を聞いてもらえる不動産担当者を見つける事も大事かもしれません。

おすすめの記事