ロフト付きマンション

賃貸物件でロフト付きのお部屋を見たことがあるかもしれません。
ロフト付きのお部屋は、お部屋を広く使えて、ロフト部分は秘密基地のようで男心をくすぐるものですね。

しかしながら、ロフトはメリットとデメリットがあり、必ずしも便利なだけのものではありません。

これから1人暮らしをする方でロフト付きの物件を検討されている方は、是非参考にしてくださいね。

ロフトのメリット

ロフトは天井部分に広くスペースが設けてあり、使い方は様々です。

ロフト部分を寝室スペースにしている方もいて、その他の部分はソファーや机を置いて広くお部屋を使うことができます。天井が高い分、お部屋の解放感があり、実際よりもお部屋が広く感じます。
1Rや1Kのロフト付き物件は、ロフト部分を寝室スペースにするだけではなく、荷物の置き場、収納スペースとしても使用が可能です。

ファミリー物件でロフトがついているお部屋も稀にあります。そういった場合には、ロフトを子供用スペース、子供部屋として使用しているケースがあるようです。

ロフト部分は天井が近くて大人が使用するには少し狭い印象がありますが、小学生のお子さんが自分の部屋として使う場合には十分に子供部屋として機能します。

ロフトに天窓がついている場合には洗濯をする場合に便利です。光と風が抜けるためちょっとした洗濯ものが乾かしやすく、ベランダに干すよりも乾きが良いと言われることもあります。天窓がついているロフト付き賃貸物件は少ないですが、あれば普通の窓がない物件よりもおすすめですね。

ロフトのデメリット

ロフト付きの物件はいいことだけではありません。
実際に住んだ方の意見で「もう二度とロフト付きの物件には住まない」とおっしゃる方もいます。

それでは、ロフトのデメリットを見ていきましょう。

空調の問題

まずは、空調関係です。1R、1Kのお部屋にはエアコンが一台ついている場合がほとんどだと思います。ご存知の通り、温かい空気は上に上がり、冷たい空気は下に降りていきます。

ロフト付き物件は天井が高く空調が部屋全体を暖めたり、冷やしたりするのに向いていません。ロフト部分を寝室スペースにしている場合には、冷房がロフト部分に効きにくく夏は寝苦しい思いをするかもしれません。
また、ロフト以外の部分は暖房が効きにくくて、冬場は底冷えする場合があります。

天井の高い部屋は、空調の効果が出にくいのはよく言われることですが、真冬や真夏にはできれば快適な空調が良いですよね。
ロフトのお部屋の場合は、夏は扇風機。冬はヒーターを置くなどして、エアコン以外の工夫が必要になるかもしれません。

はしごの問題

ロフトへの上り下りをする場合にもデメリットがあります。ロフトへの上り下りは梯子がほとんどです。階段がついているものもありますが、厳密にいえば、ロフト部分とは言いにくいです。

最近では二階部分に階段でつながっている場合にはメゾネットタイプという言い方が多いようです。

梯子の上り下りは危険な場合があります。
例えば、寝室スペースをロフト部分にしている場合、会社の帰り飲み会があり、酔って帰ってきてふらふらとした状態でロフトに上ろうとして梯子から落ちてしまうケースがあります。
ロフトからの転倒で死亡事故も過去にあるようですので、十分に注意が必要です。

「若いから上り下りなんて大丈夫!」と思っていても転倒してしまうこともあります。注意しましょう!

ロフト付きのお部屋は木造の物件が多い

福岡市や北九州市では、ロフト付きの賃貸物件、特に1R、1Kのお部屋はマンションタイプではなく、木造のアパートタイプが非常に多いです。木造のアパートタイプは家賃が安いというメリットもありますが、音が響きやすく、マンションタイプに比べるとセキュリティーが万全とはいきません。

初めての一人暮らしで木造のアパートタイプでロフト付きの1Rを選ばれる方もいらっしゃいますが、あまり良い評価は聞きませんので、ご注意を!

まとめ

ロフトにはメリットとデメリットがあり、使う人によってはとても素敵なものであり、一方であまり良くないものにもなります。

自分の生活習慣や様式を考えてロフトを使うかどうか十分に考えてくださいね!

おすすめの記事