マンションの部屋の活用法

子供が巣立つと部屋が空く?

今まで1人暮らしの方のお役立ち情報等をご紹介してきましたが、進学や就職で1人暮らしを始める時に実家の自分の部屋がどうなっていくか、気になりませんか?

今まで暮らした部屋がどのように活用されていくのか。使われなくなった子供部屋も使い方が様々あります。

持ち家、分譲マンションなどの場合には、子供が巣立った後は部屋が余ってしまいますね。賃貸の場合には、少し小さめのお部屋に引っ越す方も多いようです。

巣立った子供を見送った後に子供部屋を有効活用して素敵な夫婦生活を送るためのコツをご紹介していきたいと思います。

子供部屋の活用法

子供部屋を夫婦のお部屋に大変身!?

それまで子どもが使っていた部屋は、それほどスペースも広くはないが、余らせておくのももったいない広さだと思います。子どもが自分の寝室スペースにしていた場合がほとんどのようですね。

そこで、そちらの部屋を夫婦の寝室スペースに大変身させてみるのもいいかもしれません。寝るスペースが変われば、気分も新たに素敵な夫婦生活を送れることもあります。

子供部屋を趣味のスペースへ!

子供部屋を作っていれば、お父さん、お母さんの自由なスペースはなかなか作りにくいものです。
そこで子どもが巣立った今だからこそ、自由な趣味のスペースに変身させてみるのはいかがでしょうか?

例えば、お父さんが昔から憧れていた自分だけの小さな書斎やお母さんの最近ハマっている海外ドラマを見るためのシアタールームへ! などなど。

自分だけの自由な空間はいくつになっても嬉しいものです。子どもが二人いて二人とも巣立てば、お父さんとお母さんに1つずつ趣味のスペースが誕生しますね!

お客様スペースを作ってみる!

自分たちが使うスペースとして活用するのも良いですが、お客様をお招きするためのお部屋を作ってみるのもいいのではないでしょうか?

最近では、民泊が流行ってきています。
使っていないお部屋に外国人旅行客をお招きして、海外交流を図れば、お部屋を貸すことで収入を得ることができます。

また、夫婦だけの生活でなく、お友達を呼んで楽しく過ごすのもいいものです。ご友人が遠方から遊びに来てくれるのは嬉しいですね。

収納スペースとして活用!

子どもが家を出て夫婦だけの生活をする際に気になるのは子どもの残していった荷物です。これらの荷物をどうするかは、家庭によるとは思いますが、子どもがいなくなった分必要のなくなる荷物もたくさん出てきます。

子どものために使う予定だったものや家族全員分の食器などなど。これらのたくさんの荷物を捨てるのか、それとも収納しておくのか。もし収納しておくとすればどこに収納するのか。

ここで子供部屋を収納スペースに変えてしまいましょう。
1部屋分のすごく大きなウォークインクローゼットが出来上がることになります。

これから必要のないものや今まで全然使っていなかったものを収納すればお部屋がスッキリと綺麗に片付きますよ!

もう一つの寝室

最後に、寝室をもう1つ作るという方法をご紹介したいと思います。

最近では、若いうちから夫婦が別々の部屋で寝るという家庭も増えているようです。夫婦でずっと一緒に寝ている夫婦の方が少なくなっていくというのは、日本では最近よく言われているようですね。夫婦で一緒に寝ることで絆が強まるという意見もあるようですが、いびきや寝返りといった安眠を妨げるものがたくさんあります。
またお父さんの加齢臭問題もあるようです。。。

夫婦で寝室を分けるというのは、意外とお互いのストレスを軽減してより良い夫婦生活を送るために効果があるということは言われています。

仲が悪くなったということではなく、お互いの個室、寝室を持つというのもこれからの時代の夫婦のあり方なのかもしれませんね。

まとめ

ここまで、使われなくなった子供部屋の活用法についてご紹介してきました。

子供が巣立ってしまい、長い間使いみちがなかったお部屋もアイデア次第で再活用できます。夫婦の新たな空間として活用してみてはいかがでしょうか。

素敵な生活を送るためにお部屋を有効活用していきましょう!

おすすめの記事