現在はニュースでも育児の問題、待機児童や小学校の給食費などがよく目に入ってきます。
そんな子育てをするお母さんがお部屋を賃貸契約する際に審査が通らずに借りられないというケースが増えているようです。

今では、離婚をして一人で子育てを頑張るお母さん、いわゆるシングルマザーが増えているようです。そんなシングルマザーがお部屋を賃貸契約する際にどうして借りられないといった状況になるのでしょうか?

収入が少ない?

シングルマザーで一人子育てに奮闘する方が増えている中で、収入が少なくて希望の部屋が借りられないというケースがあるようです。

子どもが小学生くらいになれば、1Rや1Kで子どもと二人暮らしをするのは厳しいと思います。そこで少し家賃は高くなるが2LDKぐらいのお部屋を借りて、子ども部屋を与えてやりたいと思うものでしょう。

しかしながら、シングルマザーの方は、フルタイムで勤務することができない方も多く、年収もそれほど多くはありません。そういった場合には、高い賃料のお部屋を借りることができません。
家賃は月収の1/3程度に抑えなくてはならないのです。

福岡市、北九州市で賃貸物件を借りる際には、必ずといっていいほど保証会社を使います。その保証会社が納得する収入がなくてはならないのです。

連帯保証人は必要?

賃貸物件の契約では、よっぽどの高収入でない限りは連帯保証人を要求されるケースがほとんどです。自身の年収が少なければ、しっかりと収入がある連帯保証人をつけて審査に臨まなくてはなりません。

シングルマザーで離婚後であれば、親族の方に連帯保証人を依頼しましょう。

もしも、連帯保証人を1人つけても審査に通らない場合には、もう一人連帯保証人を付ける等の方法があります。連帯保証人を2人つけて、どちらも年収がある程度あれば、よっぽど高額の賃料でない限りは問題ないでしょう。

また、ご自身に親族がいない場合もあります。そういった場合にはかなり不利になります。
大家さんに直接話をして、誠意を見せ、家賃を滞納しないことを約束して、お部屋を貸してもらうという手もありますね。

もしも、審査が通らなくてもあきらめずに不動産会社や管理会社、大家さんに相談してみることをおすすめします。

URなどの公営住宅に応募?

県営住宅や市営住宅は様々な所にあります。実際にシングルマザーを優遇する措置が取られている公営住宅もあります。
地域によっては、しっかりとした優遇措置が取られることがあるので市や区に聞いてみてくださいね。

シングルマザー向け住宅も最近ではたくさん作られているようです。思ったような希望のお部屋が借りられなくても落胆しないでください。

相談窓口

北九州市では、シングルマザー・シングルファザーが相談できる窓口もできているようです。困っていれば、まずは相談してみるのがいいでしょう!

北九州市立母子父子相談センター

おすすめの記事