マンションの引越し費用

賃貸でお部屋を借りて新たに引越しをする場合には多額の費用が掛かります。
相場では賃料の5倍から6倍の金額が目安となっています。単身者が5万円の家賃の部屋を借りれば30万円ほどかかります。

なかなかの費用ですよね。これらの費用を他のどこよりも安く済ませる方法を紹介していきたいと思います。

まず初めに賃貸で部屋を借りたときにかかる費用の内訳をみていきましょう!
実は知られていないだけで本当に多くの費用がかかっているんですよ!

関連記事

賃貸で部屋を契約する際の初期費用の内訳

賃貸マンションを契約する際にかかる、「初期費用」の内訳を見ていきましょう。

初期費用の内訳項目
  • 敷金礼金
  • 敷引き
  • 仲介手数料
  • 前家賃
  • 日割り家賃
  • 管理費・共益費
  • 町費
  • 賃貸保証料(保証会社委託料)
  • 鍵交換代
  • 火災保険料
  • 消毒料
  • 引越し関連の費用

実に様々な項目がありますね。一つ一つの項目がどのような意味合いで請求されているのかをしっかりと確認していきましょう♪

敷金

敷金とは、「物件の大家さんに支払う保証金の役割」を果たします。

例えば、賃貸物件に住んでいて壁や床を壊してしまったり、はたまた家賃が払えなくなった時などに使われるものです。通常、賃貸契約書の特約条項にもよりますが、綺麗にお部屋を使ってしっかりと家賃を払っていれば全額返金されるものです。
なにかトラブルがあった際に充当されるというだけで基本的には返してもらえるものだと思っていて問題ありません。

現在は、連帯保証人を付けるだけでなく、保証会社を付けているため敷金を取らない物件も増えてきました。トラブルがあった際でも保証会社が金銭的に肩代わりしてくれるからです。

 

【敷金のポイント】

  • 綺麗に部屋を使って、家賃をしっかりと払っていれば返金される
  • 最近では、敷金を取る物件が減っている

礼金

礼金は、昔の制度の名残です。昔は、一般居宅が少なく地元の名士たちが善意で大量の資金を投じて住むところを作って、今でいうところの賃貸物件を作って貸していたのです。

昔は貸主より借主の方の立場が下だったのはそのためです。そんな善意で住むところを作ってくれた地元の名士にお礼の意味で礼金を払っていたのですね。

現在は礼金は不動産会社が広告等を行った費用に充てられることが多いようです。

まず、「礼金は敷金と違い返還はされない」というのを覚えておきましょう!

大家さんも物件に入居してほしいと思っている

大家さんも自分の物件に入居してほしいと思っています。礼金は家賃の一か月分ですが、入居してくれなくては礼金の意味はありません。

礼金の家賃一か月分を諦めることで入居者が決まり、毎月家賃収入が入ってくるというのであれば、大家さんも礼金を取らないという人も増えてきました。

福岡市や北九州市では、新築分譲タイプの賃貸なら礼金3ヶ月をとっている強気な物件もあるようですが、大抵は礼金0ヶ月から2ヶ月が相場です。

礼金を上げて、家賃がダウン?!

家賃が高い場合には、礼金を払って家賃を下げるというようなプランを用意している物件も多数存在します。
逆に敷金礼金をゼロにして家賃を上げるというプランもあるので初期費用と月々の家賃を計算する必要がありますね。

例えば、家賃を5000円アップして敷金礼金をゼロにする敷金礼金ゼロプランを行っている不動産会社も多いですね。家賃が五千円上がるということは年間で6万円です。2年間で12万円払うことになります。

したがって家賃6万円の賃貸物件に住む場合には、2年以上住めば、最初に礼金を払ってしまった方がお得という計算になります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、賃貸物件を契約する際にかかる費用の「敷金」「礼金」について解説してきました。

それぞれの意味をしっかりと把握しておきましょう!

  1. 敷金は返金される
  2. 最近では、敷金を取る物件が減ってきている
  3. 礼金は返却されない
  4. 礼金は昔の風習の名残、今は広告費に使われることが多い

次回は仲介手数料等のその他にかかる費用の説明をしていきます! 初期費用を抑える方法もお伝えしていきますね!

関連記事
おすすめの記事