マンション売却に関するコラムです

一括査定サイトの価格は、信用できない

マンション売却アドバイザーの蓮中です。

今回は物件が高くすぐに売れない理由の第三段です。
今回は、一括査定サイトを使う意味について説明をしたいと思います。

一括査定サイトは、売却価格が高額になりやすく、売主側の利益にならないパターンがあります。なぜ一括査定サイトが高額になりやすいのか、そして一括査定サイトの売却価格がどうして意味がないのかを述べていきます。

関連記事

一括査定サイトは高額になりやすい

一括査定サイトと言えば、車の買い取りなどのイメージが一般的にあると思います。
たくさんの会社が一度に査定をしてくれて、会社各々の価格を査定してくれます。

しかしながら不動産会社の一括査定には意味がないというのを業者なら誰でもわかっています。

例えば、車の買い取りならば、50万円で買い取ると査定サイトに出れば、お店に行って50万円をもらって、自分の車を引き渡します。

それに対して不動産ではどうでしょうか?
あなたのマンションは3,000万円での売却価格になりますと不動産会社が言っても、それは売却する相場の金額です。その金額で必ず買い手がいるとは限りません。

売却価格は、不動産会社の提案する価格であると言えます。

一括査定サイトに不動産会社はお金を払っています。不動産会社は、売主からの問い合わせに対して、気を引くために提案する価格を高めに言わざるを得ないのです。

高めの売却価格を提示し、売主に会うことで販売を任せてもらえます。
一括査定サイトに払う費用を回収するために不動産会社は売主へのアピールとして高額査定をしてしまうのです。

一度高額で売りに出してしまうと損する?

一括査定サイトで高額査定が出て喜び、販売を任せても損害はないと思われるかもしれません。

しかし、一度相場とかけ離れた高値で売りに出すと良くないことも起こります。

物件に買い手がつかない

物件の情報は、不動産会社のネットワークに登録されて様々な顧客に紹介されていきます。
相場とかけ離れた価格で売りに出た物件は、なかなか買い手がつきません。売れない期間が長いと価格を下げようという話を不動産会社が持ちかけてきます。

物件を購入しようとしている人たちは、長い期間、様々な物件を見てきます。
長い期間、売りに出されている物件を見ると、「売れ残り」だと思われてしまうことが多いです。

反対に物件を購入する顧客は新着情報に弱く、売りに出されたばかりの物件情報には価値があると思うものです。

最初から適正な相場の売値をつけなくては、物件は売れません。高い売値を最初に付けてしまうことで、本当はすぐに売却できていたはずの物件がなかなか売れないということもあります。

一括査定サイトを利用する際には注意を

一括査定サイトを全否定する気はありませんが、まずは売却担当者としっかりお話をすることが大切です。

希望売却価格を伝えて、相場を確認し、適切な価格で売りに出すのが、一番の近道だと私は思っています。

おすすめの記事